自転車のハンドル周りをすっきりさせていたい方へ【スポーツバイクのハンドル周りでお困りの方向け】

自転車

自転車のハンドル周りが窮屈だなと思う方へ

自転車のハンドル周りに装着するものといえば、

  • ライト
  • サイクルコンピュータ
  • ベル

上記が主要なハンドル周りの装備だと思います。

この中でも、ライトとサイクルコンピュータが一か所についていたら場所が増えるのにな…

そう思っている方にオススメなのが、下記の商品です。

アウトフロントブラケット2

この商品、Cateye製のライトを普段使っている方限定となってしまいますが、

上面にはサイクルコンピュータ、下面にはcateyeのライトを装着することが可能です。

ハンドルへの取り付けは細い1本タイプですのでハンドルの占有率は極めて低いです。

実はこの商品、まだ画期的な良いところがあるのですが、こちらは別記事で紹介します。

アウトフロントブラケット2に取り付けるライト

この商品で気づいた方もいたかもしれませんが、ライトは下面に着けます。

つまりライトは普段使う向きとは上下反転して使用することになり、ONOFFのスイッチが下に向いて、電池残量を知らせてくれるボタンが見えないのではないか…

この疑問を解決してくれるのが下のライトです。

GVOLT70

このライト、なんと下向きで使用することを前提に設計されており、配光も下向きで最適化されるようになっています。

アウトフロントブラケット2でハンドル周りをスッキリさせる気になった方は、ぜひこのGVOLT70もセットでの運用をお勧めします。

いかがだったでしょうか?cateyeを使用している方限定のお話となってしまいましたが、こんな商品あったんだ!と思ってもらえると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました