youtube始めました

プリペイドSIMの回線速度ってどうなの??【2021年1月計測】

通信関係
この記事は約11分で読めます。

格安SIMの速度はわかったけど、

プリペイドSIMの回線速度も知りたくないですか?

前回は、プリペイドSIMと格安SIMの併用をオススメ

と言いました。

格安SIMの通信速度が遅くてストレスを感じている方向けですね。

では、プリペイドSIMのほうも回線速度が遅かったら困りますよね….

というわけで、実際に私が1年以上使用している

softbank回線のプリペイドSIMの通信速度

について実際に測定した結果をご紹介します。

ちょっとその前に自己紹介です。

自己紹介
東証一部上場企業に勤務
主に工場で使う検査装置や、
自動化するためのソフトを日々開発中

2021年1月に測定した結果

早く結果を見たいですよね?

もったいぶっても仕方無いので、

いきなり結果発表です!!!

通信環境5GMARKスコア
OCNモバイルONE287pt
softbank系プリペイドSIM18,477pt
家の光回線(参考)67,300pt
2020年12月度トップのsoftbank(参考)25,598pt

測定した条件ですが、こんな感じになっています。

測定条件
  • 速度計測に使用したのは5GMARK ※①
  • 測定に使用した機種はiphone11(SIMフリー)
  • 測定場所は関東
  • 測定日時は日曜 夕方 17:30前後
  • プリペイドSIMは無線LANルータを使用して無線接続 ※②

測定の条件※①5GMARKとは

5GMARKとは、

携帯やタブレットでの通信速度を、download,upload以外にも

動画再生、各種主要SNSの表示時間などのパラメータを、

加味して点数化してくれる無料アプリです。

AppstoreとGooglePlayどちらにもあるので、

iphoneでもandroidでも試すことができます。

一度ご自分でスコアを測定してもらうと、

↑のスコアが何となくイメージできるかと思います。

測定の条件※②使用した無線LANルータ

今回使用したモバイルルータですが、

私が普段使用しているものです。

これ↓↓↓

モバイルバッテリーにもなるほど大容量の電池を採用していて、

1日どんなに使っても半分程度の減りという感じで、

毎日重宝しています。

ただし、電池容量が大きい=重量大

という式が当てはまるので、

実際ちょっと持ち運びにはギリギリの重さというかんじです。

それではここからは詳しく測定結果のデータを確認していきましょう。

OCNモバイルONEの通信速度

私がずっと使用している

OCNモバイルONEですが、やはり

通信速度は遅い結果となりました。

5GMARKの結果はこちら↓↓

↓のほうで他の条件での測定結果を載せていますが、

比較するのも申し訳ないくらい鈍足です。

これを普段使用している方は早く

対策をしたほうが良いと思います…..

softbank系プリペイドSIMの通信速度

softbank系プリペイドSIMですが、

やはりいつも通り快適な通信速度が出ています。

5GMARKの結果はこちら↓↓

CONモバイルONEと比較するとダウンロードは、

2倍以上の速度が出ています。

詳しいデータのまとめでまた比較しますが、

これだけ出ていればそこまで通信速度による

障害はほぼありません。

測定モードがWIFIになっていますが、

前述の通り、モバイルルーターを使用しているので

Wi-Fiによる接続となっています。

家の光回線の通信速度

参考として家のWi-Fiの速度も載せておきます。

もちろんこちらは最速ですね。

パソコンなどで使用する場合でも、

通信速度が気になったことはありません。

一応5GMARKの結果はこちら↓↓

こんな速度外でも出たら最高ですが、

まあ、厳しいですね…

5Gだったらこれくらい出るんでしょうかね。

大手3キャリア代表の通信速度

最後に大手3キャリアの通信速度を載せておきます。

2020年12月のデータが最新となっており、

そのデータでは、softbankが1位となっていました。

softbankのスコアはこちら↓↓

ちょっと面白かったのが、2位のdocomoです。

まずはdocomoのスコアを見ていただきたいのですが、

なんと↑で紹介した

softbank系プリペイドSIMのスコアのほうが高いです。

つまり、大手キャリアのdocomoよりも

通信環境が良い。という結果となりました。

※測定場所は測定条件など細かいパラメータによっては

値は前後するとは思います…

細かいデータまで比較

それでは細かいデータの比較結果を、

表にしてみました。

通信環境ダウンロード(下り)速度アップロード(上り)速度
OCNモバイルONE9.65Mbps1.23Mbps
softbank系プリペイドSIM23.84Mbps17.75Mbps
家の光回線(参考)90.04Mbps40.51Mbps
2020年12月softbank35.8Mbps10.5Mbps
2020年12月docomo29.8Mbps6.9Mbps

まとめ

それでは今回の2021年1月の測定結果のまとめになります。

まとめ
  • 格安SIM(OCNモバイルONE)はやはり遅かった…
  • プリペイドSIMの速度は大手3キャリアと比べても、そこまで遅くない。
  • プリペイドSIMでも通信速度で困ることはない。

という感じですね。

ちょっとプリペイドSIMに興味がある方は、

今後、購入から導入までの手順を紹介する記事を上げる予定です。

もうわかってるよ。という方には

softbank系列のAmazonで購入できるSIMの

リンクを貼っておきます。

格安SIMの通信速度をまだ体感したことのない方向けに

格安SIM(OCNモバイルONE)のお昼時に起こる

ネット激おそ現象について、

実際のiphoneで画面キャプチャを撮りました。

近日公開予定ですので楽しみにしていてください。

※追記※格安SIMの激おその動画と

実際の数値をこちらの記事にUPしています↓

※最後まで読んでくださりありがとうございます。

本ブログは…

SNSへの拡散など大歓迎です!

Twitterもやっていますので、気軽にお声がけください。

コメント

  1. […] プリペイドSIMの通信速度ってどうなの??【2021年1月計測】前回は、プリペイ… […]

タイトルとURLをコピーしました