現役プログラマーがオススメする子供向けオンラインプログラミングスクールD-SCHOOL

プログラム
sponsored
自己紹介
東証一部上場企業に勤務
主に工場で使う検査装置や、
自動化するためのソフトを日々開発中

大企業で現役のプログラマーをしている私が、
オススメするお子さん向けのオンラインプログラミングスクールについてお話します。

sponsored

プログラミングは必修科目へ…

保護者の皆さんはご存知の通り、2020年より小学生から
プログラミングが必修科目に追加されました。

教育現場でどこまでのレベルまでのプログラミング教育が実施されるかは、
まだまだ不透明ですが、逆に今プログラミングの知識があれば
他の子ども達よりも理解が進んだ状態で学習できることは間違いありません。

習い事としてプログラミングを学習する時代へ

習い事の代表的な例としては、ピアノやスイミング、学習塾などがあげられますが、
今後プログラミングスクールが増えていけば、
習い事としてプログラミングスクールに通う未来はそう遠くないことが予想されます。

算数や国語などの教科と異なるところ

さて、具体的にプログラミングのお話になりますが、
私は会社に入ってからプログラミングの勉強を行いました。

そのため、プログラミングについて多少プログラミング言語が異なったとしても説明することができます。
(※今現在はプログラミング言語は3つほど習得しています)

ただし、私のように皆さんがプログラミングができるかというとそうではないはずなので、
その場合、算数や国語の質問には答えられてもプログラミングの分野については教えることができないはずです。

もちろん経験がなければ教えることができないのは当たり前のことなので、
そこで悲観する必要はないのですが、お子さんのためには答えやアドバイスを用意しておく必要がありますよね?

ですから、プログラミングという分野についてはその道のプロに任せるのが
最良であると考えています。
※もちろん親御さんも一緒に勉強していくのも楽しいと思いますが…

実体験から考えるプログラミングを始めるタイミング

先ほど、私のプログラミングを始めたタイミングが会社に入ってからと書きましたが、
個人的にはもっと早く、できれば義務教育中には触れておきたかったです。

理由としては、プログラミングの思考の仕方に関係するのですが、
プログラミングは想像力や汎用性や論理的思考など様々な思考を行います。

簡単に言うと頭を使います。

ただし、この頭の使い方はプログラミングを初めて1週間や2週間で身につくものではありません。さらに、やっていくうちに勘が働くようになります。

この感覚はプログラミングだけにとどまらず、他の勉強にも良い影響を与えます。

早い段階で習得していて、損なことは無いはずです。

大人向けのプログラミングスクールはすぐ見つかるが…

プログラミングスクールと検索すると、上位の検索結果はほぼ大人向けで、
“転職するために勉強しませんか?”というところが多いです。

お子さんはまだ就職すらしていないですからね笑

もちろん大人のスキルアップのための講座も必要ですが、
お子さん向けの講座も絶対に必要です。

学習塾は、学校の勉強をサポートしたり発展させてくれるサービスですが、
プログラミングが必修になった現在、
プログラミングスクールも学習塾の仲間ですよね??

逆に考えると、まだ周りの子供たちが経験していないことを
いち早く経験させてあげられるということは大チャンスではないでしょうか???

遊びを取り入れている完全子供向けプログラミングスクール

それでは前置きが長くなりましたが、
実際に子供向けのオンラインプログラミングスクールについて紹介します。

ご紹介するプログラミングスクールの名前は、
D-SCHOOLオンラインというところです。

このプログラミングスクールの良いところ

PVがあったので載せておきます。

D-SCHOOLオンライン PV

このプログラミングスクールに入校することによるメリットについてまとめてみました。

以下、現役プログラマーが感じたメリットです。

マイクラの要素があるためゲーム感覚

子供のころはゲームいっぱいやっていましたよね。親からはゲームのやりすぎを注意されたり、勉強の合間を縫って隠れてゲームをしたり…

そんな経験は誰しもがあると思います。

やっぱりゲームは時間も忘れてハマれる娯楽ですよね。

子供のころは勉強より、ゲームのほうが好きな人が多かったはずです。
※勉強のほうが好きだったという方ごめんなさい。

勉強よりも楽しい、ゲームでプログラミングを学習する。

これって結構画期的じゃないですか?ゲーム風はあったとしても、
今回ご紹介しているプログラミングスクールでは、もろに人気ゲームのマイクラが使われています。

これだったら、お子さんでも飽きずにプログラミング学習にハマれるんじゃないでしょうか??

英語も一緒に学習できるコースがある

最近では、英語の塾などがありますが、
英語だけではあまり興味を持たないお子さんも多いのではないでしょうか??

このプログラミングスクールでは、英語も同時に学習できるコースがあります。

ゲームでプログラミングも英語も学習できれば、一石二鳥ですよね!

もし、どうしても英語塾では続かなかったというお子さんにもお試ししていただきたいです。

マンツーマンの個別指導付きのコースがある

プログラミングスクールは、大まかに分けて2種類存在していて、
①自分で学習するところを選んで、一人で学習するところ。
②オンラインで通話をしながら教師と一緒に学習するところ。

①はどちらかというと、興味があって自分から学習できる子供なら問題ないのですが、
子供のうちから興味を持って進んで学習するのは難しい場合もあると思います。
大人のように、スキルアップするため、転職するために学習するのとは少し異なりますからね。

②は学校に行って先生に教えてもらうような感覚です。
おそらくお子さんにはこちらのほうが上達するのが早いと思います。
わかる先生に教えてもらいながら進めていくのは何の分野でも上達が早いですよね。

こちらのプログラミングスクールでも、
マンツーマンでオンライン上で先生に教えてもらえるコースが用意されています。

実際にその場に行かなくてはいけない塾とは違って、オンラインですので
どこでも授業を受けられるというのは、
送り迎えもしなくて良い分手間もかかりませんよね。

欧米で人気のRobloxを日本で初めて扱っているコースがある

Robloxについては、こちらのサイトで説明されています。

Robloxについて

この説明の中で驚異的なのが、
欧米での話ではありますが、
“月間5000万人以上の子供たちが20回以上Robloxのサイトを訪れていた。1人当たりの訪問回数はユーチューブやネットフリックスよりも多いことになる。”

日本ではマイクラの知名度は高いですが、Robloxはあまり知名度がありませんよね?

もしかすると、日本でもマイクラのように爆発的な人気になるかもしれません。

今のうちに始めておいたほうが良いかもしれませんね。

コース別の推奨対象年齢が明記されている

プログラミングというと、どのコースが年齢的に合っているのか、
親御さんが判断するのは難しいと思います。

ただ、こちらのD-SCHOOLでは、コースごとに対象年齢を明記しています。

もちろん推奨であって、合わないこともあるかもしれませんが、
14日間の無料体験がありますので、その時に決めるのもいいかもしれません。

その点、この14日間の無料体験は有効に使わないと損ですね。

月額料金が3,980円~と割安

皆さん気になるのは、費用の面ではないでしょうか?

ちなみに、大人用のプログラミングスクールとなると、
2か月で15万円などの相場がざらです。

さすがにお子さんの習い事としては相当高額になってしまいますね。

その点、このD-SCHOOLは安心の月額3,980円です。

例えばマイクラコースであれば、↓のような料金表となっています。

年間契約する場合は割引も効くので、
もし14日間の無料体験で続きそうなら、
年間契約してしまうのも良いかもしれませんね。

14日間の無料体験期間がある

やはりこのメリットはすごく大きいですよね。

14日間なので2週間ですね。この2週間無料でお試しできます。

やってみてちょっと合わないな…という場合には契約しなければ良いだけで
お金は発生しませんので、良心的なサービスですね。

お子さんが主役ですので、お子さんが続けてやってみたいかに合わせて
判断できるのはありがたいですよね。

まずは無料体験から

↑↑↑こちらから紹介したスクールへ飛べます↑↑↑

上記の本文でもご紹介しましたが、
14日間無料体験を行っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました