☆youtube更新中☆
▶Youtubeのチャンネル登録で更新頻度がUPするかも!!

Youtubeで文章にするのが難しい内容について
実際にしゃべって解説しています。
ブログでは紹介していない(しにくい)内容も
じゃんじゃん更新中。

▶Youtubeでhobbyhappyを応援する

LenovoPCのファンクションキー【Functionボタンを押さずに動作させる方法】

パソコン周辺機器
この記事は約2分で読めます。

LenovoのノートPCを使っていたときに気づいたことです。

普通にpythonをやろうと、VisualStudioCodeを立ち上げ、

さあデバッグだ。

というところでF5キーで動かない…

もちろん右三角ボタンで実行しても、

F10キーやF11キーが効かない….

実はですね、ファンクションキーを押しながらじゃないと、

F1~F12キーまで効かない初期設定なんですね…いや、逆にしたい。

自己紹介

東証一部上場企業でサラリーマンしてます。

主に工場(生産現場)で使用する検査装置のアプリケーション開発してます。

ヒトの作業を自動化して簡略化するアプリケーションを日々開発中。

転職に成功して現在は超大手企業でシステム系の開発をしています。

Youtubeチャンネルにさまざまな動画を上げています

↓↓↓こちらからYoutubeチャンネルにアクセス!! ↓↓↓

もうちょっと詳しく現象の説明

LenovoのノートPCを使っている方はキーボードの一番上のファンクションキーF1~F12を押してみてください。

例えばIdeaPadS540であれば、F1を押すとスピーカーのミュート機能が効くはずです。

基本的にただネットサーフィンをするくらいであればファンクションキーはさほど重要ではないですが、ある時非常に不便になりました。

VisualStudioを使用したデバッグ

VisualStudioCodeでデバッグしている画面。ここでF10を押すと次の行に行くはずが…

最近私はVisualStudioCodeでPythonを勉強し始めたのですが、VisualStudioCodeのデバッグは、

頻繁にF5やF10,F11,F12などのショートカットを使用しますので、その際Functionボタンを押さないといけないのは手間です。

対策方法

LenovoのPCには、あらかじめLenovoVantageというアプリケーションがインストールされています。

Lenovoの純正ソフトを立ち上げましょう。

このLenovoVantageを起動して、下の図のように①~③の手順でボタンを押していきます。

①から順に指示通りチェックしていきましょう。

これでFunctionキーを押すと、F5やF10が効いているはずです。

他にもBIOSから設定する方法もありますが、普段BIOSを触らない人には敷居が高いので、まずはこの方法でやってみることをオススメします。

まとめ

はじめはVisualStudioのデバッグするときはFunctionボタンをおしていましたが、さすがに面倒だったので調べて実際に実行してみました。

パソコンを立ち上げるときにBIOSでなんちゃらかんちゃら…

という方法もあるらしいのですが、

一般人にBIOS操作なんてさせるのはナンセンスですよね….

まあまだこういう純正ソフトで切り替えができるのでまだギリセーフですかね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました