☆youtube始めました☆

python~Inputを使って使用者が入力~【pythonマスターへの道#011】

_
#011eyecatchPython
この記事は約4分で読めます。

今回はpythonのInput関数について学びます。

アプリケーションを作っていて、

実際に「使用する人に入力してもらいたい項目」ってあると思います。

それをかなえてくれるのが「Input関数」です。

このInput関数を入れることによって、一気にアプリケーションの汎用性が上がります。

外部からの情報があるとそれを使用したアプリケーションになりますからね。

自己紹介

東証一部上場企業でサラリーマンしてます。

主に工場(生産現場)で使用する検査装置のアプリケーション開発してます。

ヒトの作業を自動化して簡略化するアプリケーションを日々開発中。

今までのPythonに関する記事はこちら

PythonのInput関数とは?

Input関数とは、

冒頭で紹介した通り、アプリケーションを使う人に

「数値や文字列を入力してもらう」関数です。

Input関数でできる事

Input関数を使うと、

まず、コンソール上で文字の入力の指示が出せます。

その後、打ち込まれた文字列や数字を変数に格納し、

その変数を内部の処理に使用することができます。

Input関数で試しに作ってみる

実際に見てもらったほうが早いので、

今回は、お名前表示アプリケーションを作ります。

流れとしては、

アプリケーションを使う人が自分の名前を記入し、

その記入された名前に、文字列を足してprintで出力します。

input('お名前をどうぞ')

まずはこの1行で、アプリケーションを使う人が入力完了するまで

ソフト側は待ちます。

その後、inputで得られた文字列を、

このように変数として代入すると…

x=input('お名前をどうぞ')
print(x)

printで出力されます。

これで、アプリケーションを使う人が入力した文字列を

「ソフトの内部」で使用することができます。

Input関数を使うときの注意点

Input関数の注意点ですが、

Input関数で入力してもらう文字や数字は、

文字列(str)で返ってきます

試しに、こちらのようにInputで帰ってきた変数の

データ型を確認してみましょう。

データ型の確認は、type()を使います。

x=input('お名前をどうぞ')
print(x)
print(type(x))

もちろんデータ型はstr(文字列)です。

では、この場合はどうでしょうか?

年齢を聞くパターンです。

x=input('おいくつですか?')
print(x)
print(type(x))

例えば20歳、と入れてくれればもちろん文字列ですが、

数字(int)を入れる場合もあります。

その場合でも実はxのデータ型はstr(文字列)です

具体的には、20と入れても、データ型はstrなのです。

意外と間違えやすいので注意が必要です。

さらに例として、円周率のクイズを出しましょう。

x=input('円周率小数点以下2桁まで答えてください。')
print(x)
print(type(x))

この場合、3.14と入力されるはずです。

つまり、floatですね。

ですが、やはりxのデータ型はstrとなります。

ですから、数字を入力してもらう場合には、

データ型が必ずstr(文字列)となることに注意しましょう。

まとめ

アプリケーションの幅が広がるinput関数を一緒に学びました。

便利な機能ですが、入力されたもののデータ型が、

必ずstrとなることにだけ注意が必要です。

数字を入力してほしいのに、文字列を入れられた場合の処理、

または逆のばあいにもう一度入力してもらう方法もあります。

それはまたの機会にご紹介しますね。


独学の限界を感じているあなた。

昨今のトレンドに乗り遅れていませんか?

「苦労して少ない情報をネット検索するのはもうやめましょう。」

プログラミング習得のテッパンはずばりスクールです。

「無料でpythonの基礎」を習得しませんか?

すでに1万人以上が受講している人気講座です。

時代のトレンドに乗り遅れる前に今のうちに習得しておきませんか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました