youtube始めました

ArduinoでLEDを光らせる

_
arduino-eyecatchArduino(マイコンボード)
この記事は約6分で読めます。

いまさらながら、放置していたArduinoで

LEDを点滅させてみました。

最後のほうに、Aruduinoで点滅に失敗する例も挙げておきました。

自己紹介

東証一部上場企業でサラリーマンしてます。

主に工場(生産現場)で使用する検査装置のアプリケーション開発してます。

ヒトの作業を自動化して簡略化するアプリケーションを日々開発中。

Arduinoでプログラミングする準備

今回のArduinoでプログラミングするときに必要なものは、

以下のものになります。

  • Arduino本体(わたしはやっすい互換機)
  • LED
  • ArduinoとPCをつなぐケーブル
  • 各OSに対応したIDE

Arduino本体

わたしは、2個で1000円台の激安互換機を使用しています。

純正のものだと3000円くらいしましたかね…

互換機とは言っても、性能が劣っているなんて話は

聞いたことがないので、多分普通に使う分には差がわからないかも…

ただ、純正と違ってPCと初めてつなぐときに認識されない。なんてのがあるかも。

そんな時は、過去の記事にしましたが、ドライバと呼ばれる

認識させるための設定ファイルみたいなものを導入しましょう。

導入方法↓↓↓

互換機でもPCに認識されてしまえばこっちのものです。

後は純正のArduinoとまったく同じ扱いができます。

LED(2本足)

LEDはなんでもいいです。1個1個の値段も大したことないです。

このような電気工作キットには必ずと言っていいほど入っているので、

まだ持っていない人は工作キットの導入はいかがでしょうか。

私は3種類くらい購入しました笑。

ArduinoとPCをつなぐケーブル

わたしは、激安互換機を購入したときについてきたので

それを使用していましたが、最近PCの位置を変更した関係で

長いケーブルが必要になりました。

手元で動作確認したいのでどうしても長いのが必要だったんですね。

ケーブルはこのtype-Bなんてやつを使えばいけます。

プリンターなんかでよく使われている端子です。

各OSに対応したIDE

PCでArduinoにプログラミングを書き込むわけですが、

その時に必要な開発環境ですね。

開発環境とは、簡単に言うとArduinoを動かすためのツールです。

あなたの今使用しているPCに適したVer.が必要になるので、

こちらのサイトでダウンロード/インストールしておきましょう。

ここから自分のPCの環境を選びましょう。

Arduino公式サイトより

実際にArduinoでプログラミング

それでは準備がととのったところで、

手順を説明していきます。

  1. ArduinoをPCにつなぐ
  2. PCからArduinoを認識できているか確認する
  3. IDEを起動する
  4. LEDを13番とGNDにさす
  5. 13番をON/OFFするプログラムを書く
  6. 書いたプログラムをArduinoに焼く
  7. 番外編 ArduinoでLEDが点滅しない???

ArduinoをPCにつなぐ

まずはArduinoをつながないと何もはじまらないので

とりあえずつなぎましょう。「つなぐケーブルをなくした!」

「最初から入っていたケーブルが短すぎ!」

という人はこちらでも購入できます。

PCからArduinoを認識できているか確認する

互換機を使用すると唯一つまづくところはここです。

Windowsではデバイスマネージャーを開いてみましょう。

Windowsのマーク上で右クリックすると実はショートカットがあります(windows10)

Arduino接続確認

こんな感じでCOM4につながっているのがわかりますね。

このとき黄色い△が出ていたら正しく認識されていません。

この記事のようにドライバを入れる必要があります。この互換機はCH340のドライバが必要でした。

IDEを起動する

準備のときに入れたIDEを起動しましょう。

windowsキーを押したあとにArduinoと打ち込むと検索で引っかかると思います。

これを起動しましょう。

LEDを13番とGNDにさす

LEDをArduinoにさしましょう。

なぜ今回13番にさすのかですが、理由としてはGNDつまりLEDのマイナス側をつなぐ

端子が隣にあるからです。

隣にあるのでなんの加工も必要なく繋げられます。

ちなみにLEDには極性と呼ばれるものがあり

足の長いほうを+

足の短いほうを-

につないでください。

今回の場合は、

足の長いほうを13番

足の短いほうをGNDにさしてください。

反対にするとつかないので、正しくさしましょう。

13番をON/OFFするプログラムを書く

それではお待ちかねのプログラミングですが、

内容はいたってシンプルです。拍子抜けしてしまうかもしれません。

void setup() {
  pinMode(13,OUTPUT);

}

void loop() {
 digitalWrite(13,HIGH);
 delay(1000);
 digitalWrite(13,LOW);
delay(1000);
}

各行の説明ですが、

pinModeは、13番を出力しますと宣言しています。

loop()の中では実際の出力の内容を記載しています。

digitalWriteでpin番号を指定して、HIGH/LOWを切り替えます。

delayは、何もしないタイマーです。単位はmsなので、1000といれると1秒待ちます。

書いたプログラムをArduinoに焼く

それではこのプログラムをArduinoに転送しましょう。

マイコンボードの場合、この転送することを、「基盤に焼く。」

なんて言います。小ネタですね。

焼く方法ですが、こちらも非常にシンプルです。

この→矢印をクリックするだけです。

Arduinoに書き込む

番外編 ArduinoでLEDが点滅しない???

はじめやった時に点滅しなかったんです実は。

では原因は何か??

それは、最後のdelay(1000)を入れていなかったから。

実はこのloop()は超高速で何回も繰り返されているので、

LOWつまりLEDの消灯後すぐに点灯していることなります。

なので消灯直後に間髪いれずに点灯しているので

点滅の滅の部分がほぼ見えないんです。

最後のdelayを入れればちゃんと点滅したのでこれが原因でした…

まとめ

ちょっとArduinoは半年前に購入していたんですが、

RaspberryPiくらいしか触っておらず放置状態でした…

今回はめちゃくちゃ簡単な制御なので、今後はもう少し高度なことに挑戦していきます。

導入部分も簡単なので、マイコン初心者に支持されている理由もわかる気がします。

RaspberryPiも好きなんですが、あれはOS付きでちょっとめんどくさい…

もちろんちゃんとやろうとしたらRaspberryPiもアリだと思います。できることが多いので。

てな感じで今後もよろしくお願いします!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました