☆youtube始めました☆

python~if文~【pythonマスターへの道#012】

_
python-ifPython
この記事は約5分で読めます。

今回は、pythonの「if文」について一緒に学んでいきましょう。

if文とは、簡単に説明すると分岐するためのツールです。

分岐といわれるとなんとなく難しいイメージかもしれません。

考え方としては、”こういう場合はこうする。”

“そうでない場合はこうする。”

なんて感じ。

いつも決まった計算などする場合をのぞいて、

if文はとても重要なツールです。

それでは早速やってみましょう。

自己紹介

東証一部上場企業でサラリーマンしてます。

主に工場(生産現場)で使用する検査装置のアプリケーション開発してます。

ヒトの作業を自動化して簡略化するアプリケーションを日々開発中。

Youtubeチャンネルにさまざまな動画を上げています

↓↓↓こちらからYoutubeチャンネルにアクセス!! ↓↓↓

今までのPythonに関する記事はこちら

pythonのif文の基本構文

pythonのif文の基本構文は、こんな感じ。

if 条件式:

インデント 条件式がTrueだったら実行されるところ

条件式やインデントについては次のとおりです。

条件式

条件式には、論理演算子やTrue、Falseといった論理型をつかいます。

具体的には、

if True:
if x<3:

のようにして使います。

xは変数です。

Trueになれば実行されるので、上のTrueはつねに実行される。

インデント

インデントとは、目印のようなきまりです。

ここをいい加減にしておくとエラーだらけになってやる気が失せること間違いなし。

コツとしては、:を打ってEnterキーを押した位置から変えないこと。

ちょっと右寄りのところから自動的に始まるはずなので、

そこからBackSpaceするとこんな感じでエラーになります。

IndentationError: expected an indented block

見た目上そんなにかわらないのに…

決まりは決まりなので気をつけましょう。

if文の条件式の作り方

if文の例としては、こんな感じ。

内容としては、inputされた数字が20未満の場合と

20歳以上とで分岐させています。

oldSTR=input('あなたの年齢を数字で打ち込んでください。')
old=int(oldSTR)
if old<20:
    print('あなたは未成年です。')
else:
    print('あなたは成人しています。')

input関数ってなにって方は、こちらの記事にかいています。

打ち込まれた数字はstring型である点も注意。

else:ってなに?という話ですが、

elseは「条件式がTrueにならなかったら実行」されるところです。

つまり、数字を入力されたらどちらかのprintは実行される。

分岐の分岐【elif】

ただ、TrueかFalseに2通りだけではないパターンって必ずあります。

例えば年齢を層別にしてみるとか。

そんなとき、if文だけではたりませんよね。

いわゆる分岐のあとのさらなる分岐です。

年齢を層別にしてみるとしたらこんな感じでしょうか。

oldSTR=input('あなたの生まれた西暦を数字で打ち込んでください。')
old=int(oldSTR)
if old>1995:
    print('あなたはZ世代')
elif old>1980:
    print('あなたはY世代')
elif old>1965:
    print('あなたはX世代')
else:
    print('あなたはX,Y,Z世代ではありません')

if文の上から判定していき、Trueになった時点で実行されます。

elseまで行って実行されるような条件がなかった場合は、

elseのなかが自動的に実行されます。

elifを永遠につなげることも可能ですが、逆に読みづらくなったり、

計算が遅くなってりすることもあるので注意。

条件式につかう演算子

条件式に使われる演算子は、次のようなものがあります。

演算子使用例Trueになる条件Falseになる条件
==a==baとbが同じ値aとbが異なる値
!=a!=baとbが異なる値aとbが同じ値
isa is baとbが同じオブジェクトaとbが異なるオブジェクト
is nota is not baとbが異なるオブジェクトaとbが同じオブジェクト
>a>baのほうがbよりも大きいaのほうがbよりも小さい
<a<baのほうがbよりも小さいaのほうがbよりも大きい
>=a>=baがb以上aがb未満
<=a<=baがb以下aがbより大きい
ina in baがbの要素aがbの要素でない
not ina not in baがbの要素でないaがbの要素
条件式に使う演算子(比較演算子)

どれもよく使いますが、2文字使う場合の演算子(たとえば>=)なんかは、

たまにどっちが=先だっけとなることも…

入れてみてエラーにならないほうが正解なんですけどね!

アプリケーションで大事なフローチャート

何かアプリケーションを作る場合、

必ずフローを考えないといけません。

「こんなときどうするか?」って感じ。

思いつく限り出してみて、”こうしよう”と決まったら

あとはif文を使って分岐していけばいいです。

Excelの図形でフローチャートがありますが、

if文はその中のひし形にあたります。

条件式に当てはまるか当てはまらないかで分岐する。

アプリケーションだけにとどまらず、

フローを考えるときには重要なツールなので、

ぜひif文の考え方をマスターしましょう。


独学の限界を感じているあなた。

昨今のトレンドに乗り遅れていませんか?

「苦労して少ない情報をネット検索するのはもうやめましょう。」

プログラミング習得のテッパンはずばりスクールです。

「無料でpythonの基礎」を習得しませんか?

すでに1万人以上が受講している人気講座です。

時代のトレンドに乗り遅れる前に今のうちに習得しておきませんか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました