Youtubeも元気に更新中!!

Youtubeのチャンネルで動画公開中。
動画のほうがわかりやすい項目について解説しています!

チャンネル登録

東プレRealForceのキートップ。高いけど、こんな選択肢もあったのか!

topre-realforce-keytopパソコン周辺機器

仕事でパソコン作業。家でもブログを書いたりと、

なんだかんだ一日中パソコンとお付き合いしているわけですが、

その中でも重要なツール。

それが、マウスとキーボードですね。

わたしが普段使っているキーボードは題名にも書きましたが、

RealForce。

言わずと知れた超高級キーボードですね。

以前記事にもしましたが、

この東プレのRealForce一つだけ欠点があります。

東プレRealForceを以前紹介した記事。

それがキートップ

キーのボタン部分ですね。

今回いろいろと考えた末に、

キートップを購入しました。

ただ、実はこのキートップちょっとお安いんです。

その理由についてご紹介します。

自己紹介

東証一部上場企業でサラリーマンしてます。

主に工場(生産現場)で使用する検査装置のアプリケーション開発してます。

ヒトの作業を自動化して簡略化するアプリケーションを日々開発中。

転職に成功して現在は超大手企業でシステム系の開発をしています。

Youtubeチャンネルにさまざまな動画を上げています

↓↓↓こちらからYoutubeチャンネルにアクセス!! ↓↓↓

ちょっとお安い東プレRealForceのキートップの正体とは?

topre-realforce-key-top
今回購入した東プレRealForceのキートップ。色は緑。

それでは早速わたしが今回購入した東プレRealForceのキートップの正体についてお話します。

少し前までなのか?

Amazonや通販サイトでRealForce キートップ

なんて検索をすると、こんな感じで出てきました。

キーボード1個分で、なんと11,000円(税込み、2022年11月27日現在のAmazon)

キートップだけでメカニカルキーボード1個買えますよね?

さすがに高すぎです。

いろんな色にカスタマイズできるという点は非常に魅力的。

かつ、キートップが若干テカテカしてきた場合の交換部品としても、

もちろん魅力的です。

標準では黒のRealForceには黒のキートップ、

白のRealForceには白のキートップと決まっていますから、

白黒以外のキートップを使ってみたいのは人間の性(さが)ですよね。

↓↓↓あなたの声↓↓↓

値段が高くて踏み出せない….かつてのわたしと一緒ですね。

では引っ張りましたが正体について発表します。それは….

ハーフキーのRealForceのキートップ

ハーフです。ハーフと言っても、キー自体が半分に割れているわけではありません。

こんな感じで、ファンクションキーや、テンキー部分のキーが無いVer.のキートップです。

先ほど紹介したフルのタイプのキートップが、112キーに対して

こちらのキートップは54キーです。

名前としては、タイプキーのみという分類のようですが、

Enterキーとスペースキーはせめて入れてほしかったですね。

結構高頻度でタイプするキーですから…

まあ、不満はそれくらいにしておいて、

こちらのハーフタイプのRealForceのキートップ。

お値段が、5,830円(税込み、2022年11月27日現在のAmazon)

一気にお求めやすくなりましたね。

topre-realforce-key-top-packing
東プレRealForceのハーフタイプのキートップ。キープライヤーも付いてくる。

それでも中華のメカニカルキーボードくらいだったら購入できるくらい高価ですが…

中華とは言わず、エレコムの茶軸のゲーミングキーボードが

大体これくらいの値段で購入できます。

現在Amazonのブラックフライデーセールが行われているので、

値段としてはセール価格ですが、5,089円。(2022年11月27日現在のAmazon)

キートップとキーボードが同じ値段…あまり納得はできませんね…

どんなキートップが存在するのか?

とはいえ、冒頭で解説した通り、

このキートップを購入することで、自分の好きな色にカスタマイズすることができます。

2022年11月27日の記事執筆時点で確認されている(Amazonで購入可能)なものは、

  • イエロー
  • グリーン
  • グレー
  • パープル
  • ピンク
  • ブルー
  • ホワイト
  • レッド

この中で、グレーとホワイトはは標準でついているキーと同じものだと予想されます。

わたしはグリーンにしましたが、

気分が変わって結構いい感じです。

このキートップの注意点

ちなみに今回紹介しているハーフタイプのキートップは、

日本語配列のみです。注意して下さい。

英語配列のハーフタイプのキートップは存在しません。

AmazonのQ&Aにも書かれているように、英語配列の販売は予定がないとのこと。

英語は配列で色を変えたい人は、こちらのフルのタイプのキートップを購入するしか、

現状は手段がありません。

さらに、ひらがなも刻印されていないタイプになります。

白のRealForceだと、仮名が表示されたキートップが標準で搭載されていることが

多い印象ですが、そのかなが目障りだという人にはこのキートップはオススメできますね。

実際買ってよかったか??

実際買ってよかったと思っています。

もともとグレーのキートップでしたが、

なんとなく地味だったんですよね。

topre-realforce-gray
もともとのRealForceの様子。地味感が漂う。

白のほうだとそもそも役所に置いてあるパソコンみたいな見た目であまり周りからの評判もよくなかったりしましたし…

それに、これだけの色があれば、自分の好きな色が選べると思いますから、

好きな色にカスタマイズという点でオススメできます。

ただし、値段は….値段だけは….

ここからはちょっと文句…

ハーフタイプのキートップにしたことで値段は抑えられていますが、

本当にこんなにキートップって高価なものなんでしょうかね…

耐久性とかって話を考えると、ヒトが毎日毎日ハードな環境で酷使するので

それに耐えられるような設計・材質になっている。

だから高価。というのはわかるのですが、

ではほかのメーカーだとどうなの?というと、

そもそもキースイッチをメカニカルで統一している関係で、

どんなメーカーでもたいていつけられるんですね。

あの十字タイプのキースイッチです。

ですから、当然いろんなメーカーのいろんなデザイン・材質が選べるわけです。

消費者目線で考えると、独自規格というのはあまり好きではないですね…

ちなみに調べてみましたが、静電容量無接点方式の特許が出願されているのが、

2014年11月17日。特許が切れるのが出願から20年後ですから、

順当にいけば2034年11月18日で特許が切れる予定です。

????まだまだあと8年位ありますね…

静電容量無接点のキーボードが東プレ以外から発売されるのは、

あと8年後ということになります…

是非メカニカルキーボード用のキートップが使える

静電容量無接点方式のキーボードを他のメーカーで出していただきたいですね。

特許を完全無視しているのか、中華キーボードで静電容量無接点のキーボードなんてのもありますが、

そのキーボードはメカニカルキーボード用のキートップが使えるようです。

まあ、普通そうするよね…

今回のまとめ

今回は東プレRealForceのハーフタイプのキートップについてご紹介しました。

フルタイプのキートップは値段的には買えないけど、(というかばかばかしい)

ハーフだったら買ってもいいかな?という人は結構いるんじゃないでしょうか?

気分もキートップもリフレッシュできて、

ほかの人と被らないRealForceを手に入れたいなら一度

確認してみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました