ロジクール MX ANYWHERE3の唯一の欠点

アイキャッチ パソコン周辺機器

ロジクールの小型マウスのMX ANYWHERE3の紹介です。

自己紹介
東証一部上場企業に勤務
主に工場で使う検査装置や、
自動化するためのソフトを日々開発中
MX ANYWHERE3

ロジクール MX ANYWHERE3が登場

ロジクールの小型マウスのMX ANYWHERE3が発売になりました。

いろいろと進化しているのですが、ただ1点私的には残念な退化があったので、

これから購入する方に気を付けてほしいという気持ちで記事にしました。

ロジクール MX ANYWHERE3の特徴

私はこのマウスの前のモデルである、MX ANYWHERE 2Sを愛用中です。

まずはこのマウスについての特徴をご紹介していきましょう。

持ち運びに便利な小型設計

まず一番の売りとして挙げられるのがコンパクトさでしょう。

Anywhere(どこでも)という名前が入っているだけあって、持ち運びしやすいようなサイズです。

また、今回から新色としてピンクが登場しました。

手の小さい女性の方には、フルサイズのマウスでは大きいという方が多いのではないでしょうか??

持ち運びを考えていなくても、そんな方にはオススメできます。

手が小さくて、標準サイズのマウスの大きさに困っている女性へのプレゼントにもいかがでしょうか??

マウスパッド要らずの高性能なセンサー

ロジクールの高性能マウスは、全般的にセンサーが高性能なものが使用されていて、
安物のマウスにありがちな、”マウスパットが無いとまっすぐカーソルが動かない”
なんてことはほぼあり得ません。

その証拠に、こちらのマウスも透明なガラス面でも正確にマウスの動きをカーソルに反映できることを売りにしています。

実際にお手持ちのマウスで試していただくとわかりますが、
ガラスの上でもしっかりとマウスの動きを入力できるのはなかなか高度な技術です。

MX MASTER3と同様の快適なスクロールホイール

MX MASTERシリーズにいち早く導入されていたマウスホイールがついに、ANYWHEREにも導入されました。

言葉で説明するのが難しいので実際に触ってもらうのが一番早いのですが、
あえて説明するのであれば、数行スクロールする場合はいつも通りクリック感があり、
勢いをつけてスクロールすると抵抗なく何十回転もホイールが回るイメージです。

私は初めてこのホイールを触ったときは感動して、すぐに購入したのを覚えています。

一度に多くのスクロールをする機会のある人には抜群に相性が良いです。

ロジクール MX ANYWHERE3の唯一の欠点

ここまでこのマウスの特徴と良いところ・進化したところを紹介してきましたが、

今回の記事の本題についてお話していきます。

結論から発表すると、
ズバリANYWHERE2Sから退化したところは…
チルトホイールです。

どういうことかというと、マウスホイールを横に倒すと横スクロール、いわゆるチルトホイール機能ですが、

ANYWHERE3では廃止になっています。私はこれが当然ついている物だと思っていましたが、
よく見るとついていませんでした。
※横スクロール自体はサイドボタンを押しながらスクロールすれば可能なようです。

一度慣れてしまった体で不便なものを扱うのはなかなかストレスになりますよね…

横スクロールが多用されるのがExcelをはじめとした表計算ソフトや縮小表示した場合などに使用しますよね。

もちろん、今までその機能がついていないマウスを使用していた方には気にならないかもしれませんが、

残念ながら私はそこだけ唯一引っ掛かったので今回記事にしました。

私と同様に、思い込みでチルトホイール機能があると思って購入したら無かった…なんてならないと良いのですが

ただ、先述の通り横スクロール自体は可能なのでそこまで気にならないかもしれないですね…

今後再度ボタンを押しながらスクロールして、横スクロールが一般的になるかもしれないですし…

というわけで残念な点をお話しましたが、
全体的に完成度は世界トップクラスなので、小型のマウスを探している方には
間違いなくオススメできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました